クラシックを通じて、
「暮らし」を変える

YOUR FUTURE
WILL CHANGE

宙(そら)シドエール
~謎解きシンフォニー~

日時:2021年3月6日(土)13:30開演(13:00開場)
会場:第一生命ホール
(東京都中央区 晴海トリトンスクエア内)
全席指定 S席 5,900円 

※お子様(4歳以上、小学生以下)は半額です
※本公演は4歳以上のお子様から入場いただけます。
※曲目・曲順・出演者等は断りなく変更される可能性があります。

謎解き配信中!!

ソラシドエールでは謎解きを現在配信しております。

謎解きページへ

「クラシカエール」第4弾『宙シドエール 謎解きシンフォニー』
~挑戦者にエールを送るコンサート~
宇宙×謎解きで「視て」「聴いて」「遊んで」楽しむ

クラシック音楽の新たな楽しみ方を提案する「クラシカエール(暮らし・変える)」プロジェクト。その第4弾クラシカエール「宙(そら)シドエール」では、クラシックホールでプラネタリウムを投影。

宇宙×謎解きで、「視て」「聴いて」「遊んで」楽しめるコンサートです。

新進気鋭のシナリオ作家のオリジナル脚本により、コンサート全体が謎解き作品に。はらかなこさん作曲の超絶技巧、AIによる世界初の楽曲、コシノジュンコさんとの衣装コラボレーションによるベートーベン交響曲第7番など、クラシックの王道を押さえつつ、初めてでもお子様連れでも楽しんでいただけます。

1人でも多くの方にオーケストラの演奏をお届けするために、私たちは新たな「挑戦」を続けます。

Google Map

新型コロナ感染拡大の防止について

  • 37.5度以上の発熱・咳等の症状がある方、陽性者や感染の疑いの方との濃厚接触がある方、入国後の観察期間中の方、その他新型コロナの感染が疑われる方は来場をお控えください。
  • ​身体的距離を取り、私語を控え、マスク着用似てご鑑賞ください。
  • 本公演は新型コロナ感染拡大により、中止・延期・無観客配信になる可能性があります。演奏が可能で会場で観覧いただけない場合には、映像配信を行う予定です。詳細は主催者サイト他でご確認ください。

LivePocketから購入

チケットぴあから購入

MUSEMOから購入

Makuakeから購入

クラシカエール公式ECサイトはこちら

Artists

鰺坂圭司(指揮)

現役のテレビマン。30代半ばにして長年の夢だった指揮者を志し、ロシアへ。桐朋学園大学で黒岩英臣氏に師事。「サラリーマン指揮者」の道へ。高関健氏、下野竜也氏の指導を受けたほか、山田和樹氏の指揮講習会では成績優秀者として横浜シンフォニエッタを指揮。現在エール管弦楽団のほか、小学校のPTA活動で結成された親子オーケストラ・音羽の森オケーケストラ・ポコアポコの指揮者をつとめる。また漫画家しりあがり寿氏主宰のロックフェスに出演するなど幅広く活動中。鹿児島出身

橋森ゆう希(コンサートミストレス)

11歳でドイツ・ケルン音楽大学に最年少特待生として入学。ザハール・ブロン氏に師事。TV「新・題名のない音楽会」等で特集される。全日本学生音楽コンクールなど数々のコンクールで優勝。ソリストとして東京交響楽団を始め国内外のオーケストラと共演。2014年CDデビュー。コンサートの収益でアフリカに学校を建設するなど音楽を通じた国際交流も積極的に行う。埼玉出身

はらかなこ (作曲)

サウンドプロデューサー、ピアニスト、作曲家。4歳からピアノを始める。桐朋学園大学ピアノ科卒業。大学卒業後ピアニストとしての演奏活動を始め、オリジナル作曲にも取り組む。SMAP、いきものがかりなどのライヴやレコーディングに参加し、ミュージカルや舞台などの音楽も担当。劇場版 名探偵コナン 劇伴アシスタントプロデューサー。読売テレビ「情報ライブ」ミヤネ屋のテーマ曲を担当。東京出身。

橋口俊貴(脚本家) 

脚本家。2002年,大学在学中にフジテレビヤングシナリオ大賞受賞。以降、テレビやネットドラマの特にコメディー作品に携わる。今回初めて映像以外の作品に参加。長崎出身。

かわいじゅんこ(プラネタリウム・プランナー)

宙(そら)の学校校長。日本で唯一のプラネタリウム・プランナー。移動式プラネタリウムや天文に関するワークショップをショッピングモールや水族館などで開催。星空を見上げる楽しさを広げる活動をしている。石垣島へ行く星空ツアーを始め,「星とワインの会」「月と日本酒の会」「宙と本」「星ヨガ」他を開催。湘南ビーチFM『星空リビング』(隔週金曜11:30)パーソナリティ、元祖・宙(そら)ガール。
福岡出身。

オグランド(謎解きプロデューサー) 

ボードゲームデザイナー。1,000個以上のボードゲームを所有し、ボードゲーム紹介ブログ「あそびつながるラボ」、ボードゲームイベント「あそびつながるカフェ」を開催。代表作にArCS&日本科学未来館の北極ボードゲーム『The Arctic』DokyoGamesの「にんにんにんじゃ」「私が水着に着替えたら」、東京ゲームメイカーズの「ドラゴンダッシュ」「エレメンタルトランクマン」他。自称ボードゲーム大使。千葉出身

穴井佑樹(空間演出)

non-classic株式会社代表。慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科在籍時に、チームラボ株式会社にてプロダクト開発チームの立ち上げに携わる。独立後は拠点を九州に移して起業。独自のセンサ技術やLED等の最新テクノロジーを活用したインタラクティブな空間・体験の創出を得意とする。九州最大規模の駅前広場を有する「おおいた 光のファンタジー」の総合監修他、大規模空間演出の実績多数。大分出身

小栗太(謎解き制作)

株式会社オールスマイルズ代表取締役社長。大和建設、港区児童館職員を経て2011年イベント会社東京ボウズを起こす。2015日本橋にカフェを展開。2017年株式会社オールスマイルズと社名を変更し業務の幅を広げる。チームオールスマイルズの謎を全て監修。座右の銘「できない理由を探すな」。愛媛出身

鈴木裕行(光の演出)

株式会社リベラ代表。自身の結婚式で行ったオリジナルの光の演出がきっかけとなり創業。無線通信技術でLEDの光をコントロールする新しい空間演出を結婚式等に導入中。筑波大学大学院時代は銀河の研究をしながら、病院や学校・フリースクールにてケアや教育と宇宙コンテンツの融合を実践。千葉出身

コシノジュンコ (衣装協力)

1978年から22年間パリコレクション参加。以降、北京、NY(メトロポリタン美術館)、ベトナム、キューバ、ポーランド、ミャンマー、ロシア、スペインなど世界でショーを開催。国際的な文化交流に力を入れる。オペラ「魔笛」や「蝶々夫人」、ブロードウェイミュージカル「太平洋序曲」(トニー賞ノミネート)、DRUM TAOの舞台衣装、スポーツユニフォーム、花火のデザイン、JOCセカンドエンブレム等を手掛ける他、国内被災地への復興支援活動も行っている。VISIT JAPAN大使、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 文化・教育委員、文化功労者。毎週日曜17時〜TBSラジオ「コシノジュンコMASACA」放送中。

川上智子(プロデューサー)

早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授。マーケティング国際研究所所長。ブルー・オーシャン・シフト理論をクラシック音楽の新市場創造に適用し、実践を通じた新たな理論構築に取り組んでいる。2017年にはアジア・マーケティング学者トップ100に選出。12年間ピアノを習い,高校時代は浦和一女で全国コンクールに出場。福岡出身

楽曲紹介